雑司が谷のみち環境を考えるための「住民モニター」を募集します!

日本女子大学薬袋研究室では、雑司が谷のみちが人・車・自転車みんなにとって、安全に気持ちよく共存できるためのみちづくりについて研究しています。その一環として、雑司が谷のみちの使い方に関する調査をすることになりました。

そこで、調査にご協力いただく「住民モニター」を募集します。モニターの皆さんには、調査日に演出した道空間を通行していただき、当日や後日、アンケートやインタビューにお答えいただきます。あなたも安全で快適な”みち”を考えるための調査に参加してみませんか?


内容

歩⾏、またはクルマ、バイク、⾃転⾞、⾞椅⼦などに乗⾞して、指定の場所を通⾏した後、感じたことや気づいたことなどについて、アンケートやインタビューでお答えいただきます。

モニターとして調査にご参加いただいた⽅には、謝礼をご⽤意いたしております。


応募方法

個人情報保護方針(http://bit.ly/2ljCDG5)をご覧いただき、ご同意いただける方はエントリーページに必要項⽬を記⼊してご応募ください。

(項⽬:お名前、お住まいの所在地、メールアドレス、携帯電話番号、協⼒できる通⾏の⼿段、参加できる⽇程・時間、メール配信設定ほか)

それぞれの枠で募集を超える応募があった場合、抽選といたします(結果については全員にメールにてお知らせします)。

※応募してから2週間過ぎて何も連絡がない場合は、woonerf@fc.jwu.ac.jp までご連絡ください。



日本女子大学家政学部住居学科 薬袋研究室
〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1
E-mail:woonerf@fc.jwu.ac.jp

HP:http://mcm-www.jwu.ac.jp/~minaiken/index.html